福岡市の新規創業促進補助金

会社設立のお得

福岡市では、会社設立時の登録免許税を軽減する「福岡市新規創業促進補助金」の募集をしています。

この補助金を活用することで、国の特定創業支援等事業を活用して登録免許税半額軽減を受けた人が、さらに残りの半額分の登録免許税も受けることができます。

これにより、会社設立時に払わなければならない「登録免許税」の全額を免除してもらうことができます。

 

会社設立コスト(福岡市の場合)

福岡市で株式会社を新たに設立する場合、一般的に以下の初期コストが想定されます。

 

項目 金額
定款認証代 5万円
定款の印紙代 4万円

(電子定款の場合、0円)

定款の謄本代 約2千円

(発行数による)

登録免許税 15万円
司法書士手数料

(参考価格)

4万円~10万円

(依頼する司法書士事務所による)

 

上記の表にあるとおり、登録免許税の金額が大きいことがわかります。

 

会社設立時の初期費用を軽減

会社設立時には、様々な初期費用が発生します。

上記の登録免許税の他にも、定款作成、公証役場の認証(株式会社の設立の場合)、法人印鑑制作費用、事業所の家賃・敷金、最初に雇うスタッフの人件費、名刺作成、ホームページの制作など、枚挙にいとまがありません。

そのうち、登録免許税は、株式会社であれば、15万円、合同会社であれば6万円となり、負担感の強いものと言えるため、少しでも初期費用節約のため、福岡市新規創業促進補助金を活用してみてはいかがでしょうか?

 

補助金の詳細は、下記をご参考ください。

(出典)

【9月25日(金曜日)から受付開始】福岡市新規創業促進補助金のご案内

https://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/r-support/business/tokutei-sougyou-sientoujigyou_3.html

 

個人事業主からの法人成りでの活用

上記の新創業促進補助金ですが、募集要項の補助対象者の条件として「開業届の提出日から5年を経過していない個人事業主で,令和2年9月15日以降に新たに会社を設立した方」とあります。

よって、5年を経過していないのであれば、個人事業主からの法人成りでも登録免許税の全額減免を受けられることが可能になります。

 

会社設立の相談なら

福岡市で会社設立をお考えでしたら、一度、当事務所にご相談ください。

各種補助金・助成金の申請、法人設立手続き創業融資などのサービスも提供しています。

なお、当事務所で創業支援パックをお申込みの方は、上記の会社設立コストのうち、定款の印紙代、司法書士手数料を0円でご提供させていただきます。

 

福岡市の会社設立実績豊富

宮川公認会計士事務所

福岡市中央区天神2-8-36天神NKビル

☎ 092-791-1007